家を一軒建てるのに費用はどれくらい?

>

家に必要なものの費用

本体工事費

まずは建物を建築する時に土台となるものや家本体を作る際に必要な本体工事費です。
これはいわゆる建築工事費用に当たります。
家にかかる費用の大半はここにかかっているといっても過言ではないでしょう。

何から始まるのかというと、仮の家屋を建てる仮設工事をまず着工し、そこから家の基本的な部分を作る基礎工事、骨組みなど大事な木の部分を組み立てる木工事があります。
そしてそこからいろいろ手を加える仕上げ工事へとなります。

この工事費だけの一応の目安としては一階建ての小さな家でだいたい一千万前後となり、そこから外観など個人のこだわりが増えていくと徐々に増えていくといった感じと思えばいいでしょう。
もちろん住宅会社ごとに多少の変動はありますが、そこは要相談ですね。

付帯工事費

次にお金がかかるのが付帯工事費です。

初耳の方もいらっしゃるでしょうが、これは現場に付ける仮設のトイレや電気や水道、現場管理費などの大工さんにかかるのがまず一つ挙げられます。
その次が建設前にその場所の地盤が大丈夫か調べる地盤調査費があります。
その他には水道水を引いたり排水を通りやすくする屋外給排水工事の費用、電機やガスなどのライフラインの工事費、工事の際に発生したゴミや廃材を処分する産業廃棄物の処理費が挙げられます。

ここまでを見ても分かるように、付帯工事費とはつまり家屋に必要なものを作る時にかかる様々な工事費のことです。

金額で言うとだいたい数百万単位ですが、土地の広さや工事の手間によっては多少上がることもありえます。



この記事をシェアする