家を一軒建てるのに費用はどれくらい?

>

諸費用もお忘れなく

土地代金もピンキリ

最初の最初にかかるのが、土地を購入する時にかかる土地代金です。

土地代金はその住宅会社が決めた坪単価によって変わりますが、最近増えてきたローコスト型の会社で50万前後、中堅の会社で60~70万、そして大手のハウスメーカーで85万ほどと見ていいでしょう。
土地代金を値切ることはよっぽどでないと出来ない可能性があるのでその辺はどこの住宅会社がいいか、どれくらいなら支払えるかを事前に調べておくと損はないでしょう。

次にかかるのが別途工事費です。
これは解体費用や地盤補強工事費、そして外構本管引き込み工事費など建物を建てる際の基盤整備の工事費が当たります。

また、照明や空調、カーテンレールなどの設備工事費もここに部類されます。

各種保険やあいさつ回りもあります

もちろん忘れてはならないのが、各種保険料です。
団体信用生命保険や火災保険はもしものために何が何でも加入しておきましょう。

団体信用生命保険は住宅会社が用意したのでも構いませんが、火災保険は自分が気に入ったものを見つけてもいいでしょう。

また、司法書士への料金や融資の事務手数料、抵当権設定登記費用や印紙代などの各種事務手数料も結構かかります。

それ以外だと引っ越しした際にご近所さんへのあいさつや大工さんの差し入れに持ち込むお菓子代があります。
これに関しては一軒2000円以内や一回1000円ほどと限度を決めておくといいでしょう。

いざ住みだしてからだと、固定資産税や場所によっては都市計画税などの税金も毎年支払うようになっていきます。


この記事をシェアする